« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月 アーカイブ

2008年03月02日

イシマキ君

メダカの水槽に前回は床掃除担当のヌマエビ君を採用した。
今回はガラス担当にイシマキ君を新たに採用した。

これで水槽の住人は
ヒメダカ10匹(400円)
ヌマエビ5匹(200円)
イシマキガイ5個(450円)

水草(アナカリス200円)
石(100円)
メダカのえさ(160円)
素焼きの鉢(70円)
LED照明(自作300円)
エアーやフィルター無しです。


結構、楽しいです。休日は見入っていますね。
イシマキガイ
観賞魚水槽の美観を損ねる藻類除去、いわゆる「コケとり」用の水槽同居動物(タンクメイト)として盛んに利用されるようになってきた。
水槽のガラスのコケを食べてくれます。

2008年03月12日

ポスティング

補聴機器体験会を毎月やっています。
その宣伝のためにポスティングをしています。
毎日5~7Km歩いています。それを5ヶ月やっています。
そろそろ疲れてきました。でもやり続けなければなりません。

2008年03月15日

小説

10年以上小説を読んでいない。
なんか嘘くさい。
でもそれまでは沢山読んでいた。

この10年は勉強するための本しか読んでいない。
でも最近勉強するのが面倒になってきた。

インターネットで「泣ける本」を検索した。
それで浅田次郎の短編小説『鉄道員』(ぽっぽや)を読んだ。
まあまあ、だけど泣けないな。

江國香織の『きらきらひかる』を読んでいる。
なんか不思議な感じだ。

感動ものでお勧めありますか?

2008年03月16日

今日という一日

めだかの水槽の水を換えた。

本を100冊ほど処分。

安酒を飲みながらチェロを聴く。
大昔のNHKのクラッシックラジオを聴いている感覚だ。

先日のお客さんは80歳で音楽が聞きたいと言った。
私もそうだと話した。

江國香織の続きを読んだ。

明日は音響学会に行く。

2008年03月17日

日本音響学会

2008年春季研究発表会に千葉工業大学に行ってきました。
http://www.asj.gr.jp/annualmeeting/index.html
初めてJR津田沼駅に行きました。


音バリアフリーについての発表ということで
○病院における音声コミュニケーション環境の音響測定
○バリアフリー新法とバリアフリー実践の現状
○音環境のバリアフリーに向けての課題と期待



などで、磁気ループを張ってあるので8割程度聞き取れました。

非常に多くの方々が音バリアについて研究されていて安心しました。
ただそれが実際に社会に反映されるかは問題ですが。

昨年JR四国本社にループの説明に行きましたが、直ちに実験は出来ないようでとにかく進歩が遅いのが実情です。まあ予算もあることですし。

聴覚障害者は残響音が邪魔になりますが、視覚障害者にとっては反射する音によって障害物を避けられたり、位置を確認できるわけです。
視覚障害と聴覚障害は相反するもので難しさを知りました。
視覚障害者誘導用ブロックと車椅子との関係とか、全ての人がうまくいくようにするにはどうすればいいか?これは分野を超えて考えていかなければならない問題です。

2008年03月26日

明日の記憶

2006/06/21に立川まで2時間かけて、この映画を見に行きました。
なぜ立川なのかと言いますと、字幕付きの上映だったからです。
日本映画は日本語ですが聞き取れないのです。

この時期は失業していて時間が余っていたので立川まで行きました。
だから印象が深いのです。
次の仕事も決まっていなく(失聴して人工内耳を入れて間もない頃)
なんとなく見た映画ですが、泣いてしまいました。
主人公と一緒で自分の将来が悲しかったのかもしれません。

本を読んでみました。
癌よりアルツハイマーのほうが怖い気がします。


About 2008年03月

2008年03月にブログ「突発性難聴から失聴、再生への道」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年02月です。

次のアーカイブは2008年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34