« 2006年09月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月 アーカイブ

2006年10月02日

オタクになりたい子

奥さんの友達の息子(中2・埼玉在住)がオタクになりたいって言っているそうです。
お母さんはやはり心配しています。
彼はパソコンとゲームが好きで先日初めてアキバにお母さんに連れられて行ったら、大変興奮しアキバを好きになったそうです。
その話を聞いた私は彼を立派なオタクに育てたいと思いました。
コンピュータエンジニアにするのです。友達といるより一人が楽しいと思っているらしく、一般的には悪い傾向に見られますが、誰もが同一の規格ではないのです。彼は一人がすきなのですから将来の仕事も考えて、好きなことに邁進(まいしん)すればいいと思います、好きなことが仕事につながるのならオタクでもかまわないのです。オタク=専門家なのです。
面白いのは、彼は「電車男」を見てデイバックとかチェックのシャツを欲しがっているそうです。あれがかっこいいと思っているところは少し問題ありですが・・・

2006年10月03日

栗の紅茶

川崎ラゾーナの「東洋茶館 三国屋善五朗」というお店で購入。
甘栗みたいな香りがする紅茶です。他にも苺の紅茶とかあります。
3日間もお酒飲んでません。

2006年10月05日

メールマガジン

メールマガジンで総理大臣が直接、国民にメッセージ送るという取り組みは、小泉内閣が始めました。その創刊から読んでいますが、今度は安部内閣メールマガジンとなり本日創刊準備号が送られてきました。
私は政治に興味はないのですが、政府がどのようにネットを利用していき、読者がどのくらいいるのかが興味あります。

安倍内閣メールマガジンの登録は
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/

2006年10月06日

手術記念日

昨年の今日に人工内耳の手術をしました。
ふーん、もう1年か。劇的に人生変わったな。会社まで辞めたし。
1年前は今の状況は想像も出来なかった。来年の今日は何をしているのか?

記念日なので高級焼酎「佐藤」でも飲んでみるか。

2006年10月09日

高円寺

ちょっと高円寺に寄ってみました。20代の頃に4年ほど暮らしていました。
高円寺の思い出は阿波踊りと個性的な飲み屋です。
啄木亭、人形茶館、jirokitiなどを確認。啄木亭は無くなっていました。
私が住んでいた五條荘はありました。当時で家賃57000円は結構高いですよね。

2006年10月10日

テレビを聞く

人工内耳で会話と同時にテレビを聞くにはどうすればよいか?
テレビのイヤホンにつなぐと家族の人が聞こえません。
そこで一番簡単な方法はテレビが受信できるラジオを購入することです。私はこれを買いました。名刺サイズです。



2006年10月12日

高濃度酸素で記憶力アップ

ナショナルは「酸素エアチャージャー」を使いながら学習すると記憶力が向上することが、代々木ゼミナール、名古屋工業大学との共同実験で確認できたと発表した。
http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20061012ke02.htm
これ持っています。突発性難聴で治療に高濃度酸素を使うので、自宅にあればいいかなと思って数年前に買いました。でも失聴して使っていなかったので今度は頭のために使ってみます。


2006年10月13日

障害者雇用

今日は独立行政法人 高齢・障害者雇用支援機構中央障害者情報センター
http://www.jeed.or.jp/
に障害者雇用の説明会に行きました。
その説明会で私は「今日は健常者しか集らないと想定しているのか?」
と聞きました。この説明会で一人でも聴覚障害者がいたらどうするのか?
と聞いたら返事がありませんでした。

そんなことも答えられずに障害者雇用の相談が出来るのか?
と問いただしました。
視覚障害者用の拡大装置や聴覚障害者用の装置を説明し、これらは半年間無料で貸し出すからと、偉らそうなことを言っていましたが磁気ループさえ知らないのです。
そこで今後はこのような説明会では必ず情報保障をしなければならないのだよと教えてあげました。

HPのアクセシビリティも全くダメでした。特にハローワーク。このへんも改善してもらいます。

2006年10月14日

第2回オフ会実施

補聴機器勉強会の読者の方々と2回目のオフ会を蒲田でやりました。
飲み屋の個室でループを張って良く聞こえました。
次回はなんと箱根計画が出てきました。すごいな。

2006年10月15日

休憩

アクセシビリティの講習が今週は休みなので、久しぶりにのんびり出来ました。昨日、沢山飲んだのに懲りずに「佐藤」を飲んでます。まあいいか。

2006年10月16日

Google Analytics

グーグルが作ったアクセス解析
ホームページやブログを作っている方は是非利用してみてください。
とてもよく出来ています。
http://www.google.com/analytics/ja-JP/

2006年10月17日

ノン・バーバルコミュニケーション

アメリカの心理学者Albert Mehrabian は他人から受け取る情報の割合は
顔の表情 55%
声の質や大きさ、テンポ 38%
話す言葉の内容 7%
という実験結果を発表している。

聞こえなくなってコミュニケーションが無くなったとお嘆きのあなた、話し言葉は大して重要じゃないのです。伝える気持ちが大切ってことです。


参考文献 人は見た目が9割 竹内一郎
高濃度酸素吸いながら読みました。

2006年10月19日

磁気ループ

ある会社の社長が会議が出来なくて困っていました。そこで出張しループを設置しました。よく聞こえると喜んでもらい、その夜は一緒にお酒を飲みました。

2006年10月20日

骨髄移植

2年ほど前に骨髄バンクドナーに登録しました。本日ドナー候補になったと手紙が来ました。1週間以内に返事をしなければなりません。
患者さんにとっては命がけの治療です。ドナーも7回ほどの検査と1週間程度の入院が必要になります。
私は医学の進歩によって聞こえを回復しました。ですから恩返しします。
今後は患者さんが特定されることを避けるために、経過はいっさいここには書き込みません。

登録なさる方は慎重に検討してからにしてください。
100%安全ではありません。
日本骨髄バンク
http://www.jmdp.or.jp/index.html

2006年10月21日

江戸東京博物館

蔵前の江戸東京博物館に行ってきました。
「江戸ゾーン」「東京ゾーン」「第2企画展示室」で構成され、浮世絵や絵巻、着物、古地図など約2,500点、大型模型など約50点あまりが展示されています。
大型模型がすばらしい。博物館でこんなに楽しかったのは初めてです。
歌川広重「浅草金龍山」を買ってきました。江戸時代は雷門の提灯は「志ん橋」と描かれていました。

雪の浅草を今年の1月に撮りました。
クリックで大きくなります。

2006年10月22日

四十肩

最近肩が痛いな~、と思っていました。今朝、四十肩という言葉が頭に浮かびました。早速調べると
「40代50代の人に起こりやすい肩関節の周りに起こる炎症のことを、四十肩、五十肩といいます。」
で解決法は温湿布が効果的で、予防に適度な運動がよいそうです。

2006年10月24日

携帯戦争

番号ポータビリティで顧客獲得が始まりました。
ソフトバンクの「予想外割引」がインパクトありました。私は携帯は持っていないので関係ないですが。
でもね、ザウルスでPHS接続だとメールとインターネット使いたい放題で月に¥2100なんですよ。通話は出来ないけど、失聴者には関係ないからこれで充分です。

2006年10月25日

早寝

なんか疲れて9時に寝てしまいました。

2006年10月26日

人工内耳仲間2

人工内耳装用者からコメントやメールを頂きます。
自分が人工内耳にいたるまでの物語は、これを経験した人しか分からないのでお互いに語ってしまいますね。
ここで書いていいのかな、NHKの手話をやっている小林さんも人工内耳装用者で、熱く語り合いました。
私的人工内耳メーリングリスト作りましょうか?

2006年10月27日

古い友達からのメール

1年ぶりのメールが来ました。ストレスっていうか、つまらないから飲みに行こうという内容。でも会う場所が自分の家の近くなんだよね。
だからそれがいけないって返事をした。積極的に出ていかないと何も変わらない。うだうだしてちゃダメだよって。

2006年10月28日

くりはま花の国

くりはま花の国に行ってきました。なかなか良い所でした。
レストランが海が見えて良かったです。

2006年10月29日

遠近両用

そろそろ遠近両用メガネかな。小さい文字が見えないし、方角変えると(パソコンとか)視点が合わないし。日々老化を感じはじめる齢になってきた。

2006年10月30日

再核実験あり?

「北朝鮮は2度目の核実験もある」という報道があった。
こんな時期に息子の高校は韓国に来月行く予定だ。しかも父兄が心配しているにもかかわらず「問題ない」とし実行するみたい。
中止にして箱根でも行けばいいのに。

2006年10月31日

障害者自立支援法見直し集会

障害者自立支援法の抜本見直しを求める集会が東京都千代田区の日比谷公園で開かれ、全国から障害者や福祉関係者ら約1万5000人が参加しました。私の関係する人たちも参加しました。主に重度の人たちに関係があります。

 介護などを受けるのに必要な自己負担(原則1割)が問題で「負担が重く、施設や在宅サービスの利用をやめる人が多い」「自立支援という法の理念に逆行している」ということです。

About 2006年10月

2006年10月にブログ「突発性難聴から失聴、再生への道」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年09月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34