« 2006年02月 | メイン | 2006年04月 »

2006年03月 アーカイブ

2006年03月01日

肩揉み

こんなことを書いていいのか迷いますが
私の会社の上司が部下に肩を揉ませていました。そして、その揉まされていた人は退職を決意しました。そしたら今度は違う人が肩を揉んでいました。

2006年03月02日

スピーチプロセッサ 故障4

どうもダメらしいのでメーカーに送りました。
いつ返ってくるか・・・

2006年03月03日

戦い

上司に文句を言いました。ばかな奴にはついていけない。

2006年03月04日

スピーチプロセッサ用 特注革ケース

浅草の革問屋街で作ってもらいました。
詳しくはここで 補聴機器勉強会

2006年03月05日

散歩

奥さんと多摩川まで散歩しました。帰りに川崎競馬場でフリーマーケットを見ました。赤のママチャリ(新品)が10000円でありました。9000円で買って二人乗りして帰ってきました。(良い子はマネしないでね)
春の感じがして心地よい一日でした。

2006年03月06日

飲酒

仕事関係が楽しくないので酒の量が増えています。
まあこれもあと少しですから、いいでしょう。
おおらかに、気軽に楽しくが人生一番。
怒ってもいいことはないから。

2006年03月07日

障害手当金と障害年金

中途で障害者になった人は障害手当金や障害年金について知らないと思います。私もそうでした。
聴覚障害では6級を持っていれば障害手当金はもらえると思います。2級であれば障害年金がもらえます。
しかし素人ではどうしていいか分りません。そこで社会保険労務士に相談してお願いすればうまくいくと思います。
私も頼みました。障害手当金は厚生年金だと思うので会社員でなければなりません。

2006年03月08日

亀田興毅

今日の試合は面白かった。亀田3兄弟は面白すぎ。スポーツはやっぱり個人技がいい。頼れるのは自分だけの世界はかっこいいよ。このノリで世界まで行くだろう。

2006年03月09日

辞表

辞表を出した。
14年働いたけど今後の見通しはないから。
終身雇用制はすでに終わっている。自分で何とかしなければいけない時代なのだ。
崖っぷちに立った方が自分でも信じられない力を出すと思う。不思議と不安は無い。何でだ???

今日は親父の誕生日だ。

2006年03月10日

朝、通勤途中に桜が咲いているのを発見しました。桜は心が和みますね。春はやっぱりいいです。
明日は奥さんとビール工場に行って出来たてのビールを飲むことにしました。

2006年03月11日

ビール工場

横浜のキリンビアビレッジに行ってきました。
勉強になったのは缶ビールのプルタブ付近には点字が刻印されているんです。ジュースとビールを見分けるためです。気づかないですよね。確認してみてください。

2006年03月12日

読書

今日は一日読書でした。
家でのんびりと読書もなかなかいいです。でもすぐに眠たくなります。何度寝たか・・・

2006年03月13日

かき混ぜ

辞表は出したのですが、すこしかき混ぜて楽しみます。

2006年03月14日

障害者の就職

障害者枠で探すと非常に給料が安いですね。そんな程度だと思われているのかな。能力ある人もいっぱいいると思うけど。
その辺のところ人事の方考えてくださいね。

2006年03月15日

トロンボーン

息子がバイトをして20万円以上するトロンボーンを買ってきた。
(トロンボーンと聞いて谷啓を思い浮かべた人は私と年が近いかも)

自分で買うことによって大切にするので良い事と思う。
私も30年前にトランペットをやっていた。今でもそれは押入れの中で眠っている。

2006年03月16日

そろそろ春

暦の上でも季節はもうすぐ春。3月21日は春分の日です。春分の日は二十四節気の一つで、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日で天文学的には、太陽が黄経0度の点(春分点)を通過する時だそうです。春分の日・秋分の日の日付は、その前年に国立天文台が発表する『暦象年表』という小冊子に基づいて閣議で決定され、前年2月1日の官報で発表される為、2年後以降の春分の日・秋分の日は確定していないそうです。

春の気分でさわやかに再出発だ~っ。

2006年03月17日

飲み会

一杯飲みに行きました。
人工内耳でタイピンマイクを試してみました。これもよく聞こえました。
とにかくいろいろ試してみるべきですね。

2006年03月18日

計算ドリル機能付電卓

面白いものを発見しました。
計算ドリル機能付電卓です。いまニンテンドーが流行っていますがこれは安価(¥1500)なので買ってしまいました。毎日やって頭よくなろう!

計算問題を電卓が出題。「脳を鍛える、計算ドリル」を搭載した電卓。

2006年03月19日

愛と死をみつめて

テレビドラマを見ました。私が小学生のときに流行ったもので、この歌は脳裏に焼きついています。生きるということは大切なことですね。私は幸せです。今の状況に感謝。

**************************
「愛と死をみつめて」は河野実と軟骨肉腫に冒された大島みち子の文通を書籍化したものである。映画化やテレビドラマ化、ラジオドラマ化もされた。1963年に出版され、160万部を売り上げる大ヒットを記録。

2006年03月20日

静かな日

今日休んで連休を取る人が多かったので会社は静かな雰囲気でした。私は仕事中はスピーチプロセッサ(人工内耳)の電源は切っているのでいつも静かですが。

人事部に障害者雇用率を達成せよ!と訴えました。障害者自身の甘えもあるようです。障害を売り物にしないで出来ることをアピールし、出来ないことを理解してもらいましょう。
最終的には会社に頼らないで自分で生きる道を見つけることです。これは健常者も一緒です。いろいろな方策を一緒に考えていきましょう。

2006年03月21日

お墓参り

お墓参りに行きました。
私は母の顔は知りません。私が1歳の時に亡くなりました。
家庭団欒を知らずに育ちました。ですから家庭を持った今、それを大切にしたいと思います。

2006年03月22日

人工内耳 マップ#6

人工内耳ではプログラム作りをマップと呼んでいます。今日はその6回目。
マップは変えないで聞き取りテストをしました。

ビデオを見てその人が発する言葉を聞き取ります。
言葉に関連性がないので戸惑います。
「あめ」の次は「すし」だったりとか。
文章の方が分りやすかった。意味があるから。

結果は8割なので装用4ヶ月にしては良いほうらしいです。
とりあえず合格?

2006年03月23日

アクセス数

補聴機器勉強会というHPを作っているのですが、最近アクセス数が非常に増えています。どなたか宣伝してくれているのでしょうか???
ありがとうございます。

補聴機器勉強会
http://www.hochokiki-benkyokai.net/

オフ会をしようと思っています。
4月にどうでしょうか?

2006年03月24日

ダ・ヴィンチ・コード

文庫(上中下)になったので上を読み終わりました。明日、中下を買おう。しかしよく調べて書くものだと感心します。ルーブル美術館は全て見るのに5週間はかかるとか、ダ・ヴィンチの素性がわかったり勉強になります。

2006年03月25日

早い花見

天気が良かったので徒歩(1時間半)で三ツ池公園に行きました。
桜には早すぎなのですがその分人も少なくて良かったです。
コンビニ弁当とビールを飲みました。来週は混み混みだろうな。

2006年03月26日

モナ・リザ

モナ・リザは1974年に東京国立博物館に来ました。その時私は高校生で学校を休んで見に行きました。変わった少年だったのでしょう。
しかしルーブルまで行って見る事は無いと思うので正解だったかもしれません。
さて「ダ・ヴィンチ・コード」の続きを読みますか。

2006年03月27日

新宿中央公園

お昼に新宿中央公園に行きました。
桜がきれいでした。昼食兼お花見の人がけっこういました。
こんな日は仕事しないで、昼寝がいいな。

2006年03月28日

昼食兼お花見

天気予報は雨だったのですが、ハズレで晴れでした。昨日の続きで新宿中央公園で昼食兼お花見を一人でしました。

またまた、人工内耳プロセッサが今日壊れました。聾者に逆戻り。修理じゃなくて交換してよ!コクレアさん!

2006年03月29日

聞こえることに感謝

代替機を受け取りました。聞こえるとホッとしますね。
人工内耳が無いと完全な聾状態です。機械が壊れるとそれを認識させてもらいます。たまにはそうやってありがたみを感じることがいいのかもしれません。

古い友達がこのブログを読んでいてくれてるのを知りました。
ありがとう。とりあえずがんばって生きています。

2006年03月30日

福祉特別乗車券

福祉特別乗車券が送られてきました。これは横浜市が手帳保持者(2級以上かな)に提供しているものです。市営バス、市営地下鉄、一部の民間バスが無料で乗車できます。
でも今迄は東京勤めなので使ったことがありませんでした。今度は横浜方面で仕事を探すので使えるかなと期待してます。

About 2006年03月

2006年03月にブログ「突発性難聴から失聴、再生への道」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年02月です。

次のアーカイブは2006年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34