« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

2005年07月 アーカイブ

2005年07月01日

折り返し

今年も半分終わりました。

今年の変化
フランス人上司から日本人上司に替わったこと。
やっている仕事のシステムが変わったこと。
耳が聞こえなくなったこと。

たった半年でいろいろなことに変化がありました。
あと半年、またいろいろな出来事があるでしょう。

2005年07月02日

コメント

 たまには一杯やりたいとこのブログに書いたら、コメントを頂きました。うれしいですね。こうして知らない方と出会えるのがインターネットのすごいところでもあり、怖いところでもあります。先日もヤフオクで手渡し希望の方と直接会いましたが、先に耳が聞こえないので筆談してくださいと頼んでおいたらメモまで用意してくれて感激しました。

2005年07月03日

声がでかい!と言われる

 自分の声が聞こえないのでかなり大きな声でしゃべっているらしい。奥さんに言われた。会社の人に「声大きい?」って聞いたら、言おうと思ってただって。今日は声の出し方を研究した。物足りないくらいでいいみたい。いろいろ課題があるな。

2005年07月04日

ネットで独立?

 障害をもっている方は通勤やコミュニケーション等、不便なことがたくさんあります。自宅で仕事が出来たらいいと思いませんか。自分が作ったホームページに広告を出すというアフィリエイトプログラムがあります。
 その方法を書いてみました。お金は一切かかりません。HPの中身が大事です。挑戦してみてはいかがでしょうか。
http://hearing.main.jp/071.htm

2005年07月05日

残業

帰ってきたのが12時ちょっと前。久しぶりだな、こんな遅く。まあ仕事があるだけ幸せってことで。

2005年07月06日

ブックビルディング

E*トレード証券
ではじめてのブックビルディングをしました。よくわからないけど、徐々に理解していきましょう。
マネックス・ビーンズ証券
ライブドア証券
にも口座申し込みした。

2005年07月07日

見えないストレス

 聞こえなくなってから見た目には普通に過ごしているのだけれど、実は自分の知らないところでストレスが溜まってある日突然、身体に異常が出るとかってあるのではないか、と思ったのです。多分それあるな。意識して楽しんだり気分転換しないといけないな。明日はネットで知り合った人と一杯やります。ストレス発散だ!

2005年07月09日

飲み会

 このブログに書き込んでくれた方とそのお友達、聴覚障害者4人で飲みました。私が手話が出来ないので筆談になりました。皆さん面倒がらずに最後までお付き合いいただきました。同障であるが故のことです。
 私が感じたことは皆さん自分の障害をしっかりと受け入れて明るく生きていることです。
 障害がなければもっと可能性が開けたかもしれないし、違った人生を歩んでいたかもしれないのです。聞こえないという試練を与えられたわけです。「試練はそれを乗り越えられない人には与えられない」とどこかで読んだことがあります。
 昨日の話の中に自分の思いがうまく伝わらないこともあり、悔しい思いも皆さん経験しています。生きていくためにそれらを乗り越えていかなければならないのです。それを乗り越えると何が見えてくるのでしょうか・・・

2005年07月10日

Ray

DVDでRay を見ました。Rayとはあのレイ・チャールスのことです。レイは7歳で失明します。母は「1回目は教える。2回目までは手伝う。でも3回はだめ。世の中はそうだから」と目が見えなくても自立することを彼に教えた。ツアーバスの運転手がレイに何で杖もなく、犬もいないのに一人で歩けるのかと聞いたら「自立したければ早く学ぶことだ」といった。私もこれから学ぶことがたくさんある。

2005年07月11日

夏休み

 「夏休みはどうしますか?」なんて聞かれたのですが、運転が出来なくなったので予定なしです。
 東京で、はとバスなんかで遊んだほうが楽しいかも。はとバス乗ったことないし、知らない東京もいっぱいあると思う。

2005年07月12日

読書

 以前は通勤電車の中で英語を聞いていました。しかしそれが出来なくなったので読書をしています。週に2~3冊はいけますね。最近で良かったのは「プロ論」です。
自分の仕事に迷いがある方はぜひ読んでみてください。

2005年07月13日

アルコールは何でもOKですが、しみじみ旨いのは日本酒と思います。
しかし、高いのが旨いわけではありません。実際、「久保田の万寿」飲んでも値段に見合うのかな、、、と思います。安くて旨い日本酒が一番。
一ノ蔵とか奥の松なんて値段がそこそこで、旨いと思います。
皆さん、なにかおすすめありますか?

日本酒博物館

2005年07月14日

診断書

 本日は診断書を書いてもらうために神尾記念病院に行きました。診断書にはABR検査のことは何も書いていないのにABRをしないと書けないから予約をしに来いとFAXがきました。予約だけならFAXでいいではないか、どうしてかと聞くと方針だといいます。5年前にも同じものを書いてもらいましたがその時はその方針は無かったのですね。ABRなしですんなり書いてもらいましたから。
 その方針は全くの口からでまかせで、話のつじつまが合ってないのです。しまいには院長の息子も出てくる始末です。診察もしないでABR予約しただけで診察料は取られました。たんなるお金儲けとしか考えられません。
 
 病院は患者に来いと言えばのこのこ来ると思っています。冗談じゃないよ!しかし書いてもらわなければならないのでまた行く破目になりました。この辺が情けない。。。
 でももう何度も無駄足はしたくないので検査後に診断書をその場で書くという約束を持って決着しました。皆さん主張はちゃんとしましょう。

2005年07月15日

3連休か

 今、メールを読んでいて3連休ということを知りました。私は日付を気にしません。今日が何曜日で何日なのか分からないのです。年も分からない。平成??年、2****年って感じです。だから書類などに日付を書く時、今日はいったい何日だ?って考えてしまう。
 休みの日に会社に行ったこともあるのです。なんか電車すいてるなと思ったら日曜でした。

2005年07月16日

3連休 その2

 大型スーパーに行ったのですが、とても空いていました。皆さん行楽?なのかな。
 英語の進捗具合を確かめるためにテストをしてみましたが、全然進歩なし。じっくりやっていきましょう。
 暇なのでDVD2本見てしまった。両方ともつまらなかった。

2005年07月17日

横浜美術館

 横浜美術館にルーヴルを観に行ったのですが、なんと2時間待ちなのでさっさと予定変更しました。しかし混み過ぎ。たとえ中に入っても鑑賞できる状態ではないです。
 そこでクインーズスクエアで大道芸を見ました。ここは土日の午後1時からいろいろな人が大道芸をしています。これが結構面白いのです。聞こえなくなってからは初めてでしたが聞こえなくても面白かった。

2005年07月18日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

 会計学の本だそうですがそんな感じはなく「なるほどね」と感心しながら読みました。さおだけ屋は金物屋の副業だから潰れないのだそうです。お客さんがいないのに潰れない店は他にからくりがあるのでした。通販しているとか。

2005年07月19日

残業

 10時半に終わってご帰宅です。やはり通勤時間は短いほうがいい。1時間がもったいない。しかも遅くなるほど電車が込んでるのは不思議。

2005年07月20日

勉強がキライな子どもたちへ 勉強がキライだった大人たちへ

「勉強するということは正しい判断力や価値観を磨くことで、本当に大切なものを見つけるために行うものである。」北原照久

 まあそう硬く考えないで、「魅力的な自分になりましょう」って私は考えています。

2005年07月21日

雑誌

雑誌を広辞苑で繙(ひもと)いてみると

-雑多なことを記載した書物-
-号を追って定期的に刊行する出版物-
とあります。
発売日がいろいろで買いそびれることがしょっちゅうです。

そこでネットで調べるとスゴイところがありました。
雑誌のオンライン書店 ”fujisan ”富士山(名前もスゴイ)
2000誌以上の雑誌が定期購入できます。

現在、私が定期購読している雑誌は
日経パソコン」「日経ビジネス」「Pen」です。
Penは書店で購入しています。が、忘れることがしばしばです。
ですからfujisanで定期購入決定。
それと「英字新聞 週刊ST」にしようと思っています。
これ購読している人いますか?

2005年07月22日

障害者手帳2級

 区役所から「障害者手帳を取りに来てください」と連絡が来ました。月曜日に行ってきます。
 さて、その次は人工内耳適性検査のために病院に行かなくてはなりません。新宿の東京医科大学病院にしようと思っています。会社から近いという理由です。聞こえなくなってからは、こういった手続きや病院通いで結構忙しいです。

2005年07月23日

catch me if you can

スティーブン・スピルバーグ監督
レオナルド・ディカプリオ
トム・ハンクス
16歳から21歳までの間に400 万ドルを稼いだ10代の詐欺師の実話。逮捕後FBIで働き偽造小切手の手口を解明する。
お暇な時に是非どうぞ。

2005年07月24日

地震や事故やテロの時

昨日、震度5強から5弱を記録する強い地震がありました。そのおかげで首都圏の鉄道網が長時間まひし、交通渋滞も続いたようです。
 私は家に居たので巻き込まれなかったけど、電車に乗っていて止まった場合耳が聞こえない人たちはどうすればいいのでしょうか。

 普段、通勤で電車が止まった場合周りの人が一斉に携帯を取り出し状況を誰かにメールするので、それを覗き見てやっと理解するわけです。もっと大きな地震や事故の場合、パニック状態のときに「何があったのか筆談してください」って言っても無理だろうな。

2005年07月25日

人工内耳へ その1

 区役所に行き2級の手帳をもらいました。その時に筆談で更正医療や重度障害者医療について丁寧に説明してもらいました。
 これで人工内耳への準備が整いました。
近いうちに東京医科大学に行こうと思っています。
これからが、このブログのメインである「再生への道」です。

2005年07月26日

夢は必ずかなう 物語素顔のビル・ゲイツ

題名が変ですが、本は丁寧な取材でよく書かれています。
ビル・ゲイツは世間ではあまり評判が良くないようですが
私は好きです。ビル・ゲイツがいなかったら時代は10年遅れていると言われています。
ビル・ゲイツとポール・アレンが1975年マイクロソフト社を起こしました。
ポール・アレンは病気でマイクロソフトを去りましたが今はさまざまな事業を展開して成功しています。ビルもポールも財団を通して社会貢献しています。

2005年07月27日

軽くて強いセメント船を造ろう 波を枕に見る夢は?

セメントで船が造れるの?と誰もが思うでしょう。私もそうでした。
知らない世界を垣間見るのも面白いですよ。

2005年07月28日

人工内耳へ その2

本日、東京医科大学に行ってきました。
初診で紹介状も無く行ったのでとりあえず、聴力検査をして
明日、人工内耳専門医に診察してもらいます。
夏休みなので全国から患者さんが来ていて大変らしいです。

私は5月に失聴したので、まだ改善の可能性も秘めているので
すぐに適応検査ができるかどうかも分からないと言われました。

2005年07月29日

人工内耳へ その3

今日も東京医科大学病院へ行ってきました。
CTとプロモントリー検査をしました。
とても急展開だなーと思いました。
そして今後の検査の予定などを聞き
その結果に問題が無ければ10月には手術可能と言われました。

未来が明るくなったようでうれしくなりました。

プロモントリー・テスト:人工内耳の効果を予測する方法には、岬角電気刺激検査がある。刺激電極針を鼓膜を経由して、中耳の内側壁である岬角の正円窓付近に接触させ、電気刺激を与えて聴覚が生じることを確認する。プロモントリー・テストで聴覚を生じない場合は、人工内耳手術は行わない。私は、幸い音を感じました。

2005年07月30日

はとバス

妻の両親が夏休みに来ることになりました。
いつもは私が家族と車で行くのですが、車が運転できないので来てもらうことになりました。
何をしようかと考えた結果、はとバスで東京見物にしました。
「英語でご案内するツアー 」もあります。

2005年07月31日

夏休みは無し

8月に4回病院に行くことになりました。
それを夏休みに振り替えます。入院するので有給休暇を減らさないためです。入院が夏休みってことで。

About 2005年07月

2005年07月にブログ「突発性難聴から失聴、再生への道」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2005年06月です。

次のアーカイブは2005年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34